LifeStyleライター

役立つ生活の知恵を発信しています。

「五月人形は誰が買う問題」で、悩みや揉め事になっていませんか?

calendar

男のお子さんがいらっしゃるご家庭では、5月5日の端午の節句を間近に控え、そろそろ鯉のぼりや五月人形を飾る準備を始めていらっしゃると思います。

中にはもう飾っている、というご家庭もあるでしょう。

女のお子さんには3月の桃の節句には雛人形、男のお子さんには5月の端午の節句の鯉のぼりと五月人形というのが、昔から行われている美しい日本伝統の行事です。

ただ、この雛人形や五月人形、初めてのお子さんの場合は新しく購入するということになるわけですが、これがなかなか難しく悩ましい局面を迎えてしまうことが多い様です。

おわかりだと思いますが、それは「誰が買うの?」ということ。

雛人形は母方の実家の両親というのが一般的なようですが、鯉のぼりや五月人形に関しては違った説もあるようで、それがちょっとした揉め事や悩み事になってしまうこともあるようなのです。

私は娘二人だったので、長女の雛人形は家内と家内の両親が人形屋さんに出向いて購入しました。

次女のときも、同様にして市松人形を用意してくれました。

男の子がいなかったので、すんなりといったわけですが、周りの男の子がいる友人の話を聞くと、なかなかすんなりとはいかなかった、という話を聞きました。

では、鯉のぼりや五月人形はいったい誰が買うものなのでしょう。

スポンサーリンク

端午の節句に五月人形を飾る意味と、その起源は?

5月5日の端午の節句には鯉のぼりと、兜や五月人形を飾るのが昔からの風習ですが、なぜ兜や人形を飾るのか?

まず、武家に男の子が生まれたことを祝う幟に起源をもつ鯉のぼりは外飾りと言われ、お祝いの意味合いが強い存在です。

現代では住宅事情等があって、なかなか外に飾るのは難しいのですが、その成り立ちから考えると、鯉のぼりは外に飾るのがいいようですね。

反対に内飾りというのが兜や五月人形です。

雛人形が様々な厄災をその身に引き受け、女の子の健やかな成長を願うものであるのと同様、兜や五月人形もまったく同じ意味合いを持っています。

江戸時代に起源を持つと言われる端午の節句、男の子が健やかに、強く成長してほしいという願いから、武家社会では武士の身を守る兜が厄除けの象徴として飾られました。

その後、そういった習慣が庶民の間でも行われるようになり、幟は鯉のぼりに、兜はその兜や甲冑(庶民は本物を持っていなかったので模型を使いました)を着せた人形を飾るようになり、そのうちに人形だけ飾られるようになったと言われています。

金太郎の人形が飾られるのも「元気」「強い」といった意味合いからです。

では、いったい五月人形は誰が買うのが正しいの?父親の五月人形を受け継いじゃダメ?

さて、そんな五月人形の起源はわかりましたが、ではいったい誰が用意するのが正しいのでしょうか?

先ほどもお伝えしましたが、雛人形というのは母方の実家が用意するというのが一般的なようです。

ただ、五月人形に関しては地方によって習慣が違っているのです。

日本の東半分では雛人形は母方の実家が用意し、五月人形は父方の実家が用意するのが一般的で、西半分では両方とも母方の実家が用意するのが一般的と言われています。

これが、ちょっとした悩み事や揉め事が起きる原因なのです。

夫婦が両方とも東側の出身だったらいいのですが、出身が東と西だったりしたら、両方の実家での習慣が違うのですから「どっちが買う問題」が起きて当然だと言えます。

なので、実際に買うという状況に至った場合には、ご夫婦で話し合った上で、それぞれのご実家と話し合うのが大事になってきます。

せっかくのおめでたい初節句にギクシャクしないためにも、じっくりと話し合い、購入しなかった方のご実家が一方のご両親を招いてお礼を兼ねた食事会を催すとか、両方からお金だけを出してもらい、自分たちで少し足して購入するとか、鯉のぼりが飾れる環境でしたら鯉のぼりと五月人形をそれぞれで用意してもらうとか、そういった角の立ちにくい方法を考えるのが得策と言えるでしょう。

今では、揉め事を避けるためにも、何もしてもらわず、自分たちだけで、といった例もあるようです。

また、中には自分の父親が飾っていた五月人形を受け継いでほしい、などという場合もあるようですが、これはいけません。

五月人形というのは、災厄を身代わりとして受け入れ子供の健やかな成長を願う、という役割があるわけですから、成長した父親の厄災を請け負った人形をそのまま受け継いでしまうということは、人形が背負った父親の厄災までも受け継いでしまうということになりかねません。

ですので、父親の五月人形を受け継ぐのはよいことではないのです。

母親の雛人形も同じ理由で引き継いではいけません。

とにかくおめでたく、五月人形は高い買い物だけにデリケートな問題なのです。

雛人形にしても五月人形にしても、日本の伝統に彩られた習慣です。

ただ、両方とも現実的にはかなりの出費を強いられるものです。

そんな習慣でもあり、高価な買い物という理由からデリケートな問題を生み出しがちですが、やはり自分の子供の初節句というおめでたい行事にはかわりはありません。

ご夫婦で、そんなおめでたさを台無しにするような揉め事を起こさないためにも、じっくりと話し合って揉め事が起きない方法を決めていくのが最良の策だと思います。

どうしようもなかったら「自分たちでやります!」と主張してしまうのもありだと思いますよ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す