LifeStyleライター

役立つ生活の知恵を発信しています。

韓国の大学生の新生活はどんな感じ?韓国生活に興味ある方は必見!

calendar

こんにちは。韓国出身のジウンです。

最近のテレビCMやお店の品ぞろえを見れば今年の新生活もそろそろ

始まるんだ、と実感します。

今回は韓国の新生活はどうか、特に大学生はどう新生活を迎えているのかについて

話したいと思います。

日本と似ているように違うこともあるので、韓国に留学や就職を考えている方は

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

1.韓国で大学生の新生活が始まるのはいつ?

全国の小中高校はもちろん、大学も2月末までが冬休みなので

新学期は一律に3月2日に始まります。(3月1日は公休日です)

卒業式の日付は学校によって多少の差がありますが、だいたい2月の中旬。

入学式は必ず3月2日です。

4月に学期が始まる日本と比べれば、おおむね年間日程が1月ずつ先だと思えばいいです。

7月中に夏休みに突入して、2学期は9月1日に始まります。

上記の通り、冬休みと卒業も1月ずつ早いです。

ちなみに、会社の年度末も2月末にして、給料の調整や辞令なども3月を起点にして

区切られる場合が多いです。

受験と就活もだいたい1月ずつ早いので、もし留学や就職を考えている方は

注意してください!

2.韓国の大学生たちはどうやって新生活を迎えるのか

新学期を迎える様子は日本と特に変わりはないです。

大学生の場合、12月末ころに学期が終わるので、この時期から新学期が始まる

3月までが冬休みです。

そのため、1~2月が部屋探しのピークシーズンです。

2月になってしまうと遅いので、いい物件を見つけたければ、2月から素早く動いて

1月の内に決めておいた方がいいです。

新生活向けの販売が開かるのもこの時期です。

 

また、入学式の前に入学オリエンテーションと入学旅行、入学生向けの

様々なイベントが開かれます。

イベントに積極的に参加して入学の前から友達を作ったり、先輩と

仲良くしたりする子もいます。

逆に入学の前に友達ができてなくて、どうしようーと心配する子もいますが、

学期が始まると自然に

友達はできるのであまり焦ることはないと思います。

3.韓国の大学生の新生活開始の雰囲気はどうか

入学式、新入生歓迎会、サークル勧誘などなど、とにかく目が回るほど

イベントがいっぱいあります。

もちろん場合にはよりますが、とにかくお酒が好きで強い人が多くて、

新入生がお酒を一緒に飲む人がいなくて困ることはほとんどないです。

入学前~中間テストの間が飲み会のピークシーズンです。

友達の中にはこの時期、毎日飲んだ子もいました。(中間テスト期間中まで。。)

私はお酒が苦手なのであまり参加したことがないですが、社会人になってしまうと

なかなかできないその時だけのいい思いになりました。

校内の芝生に集まって、安っぽいお酒とお菓子を開けて訳も分からず

わいわい盛り上がったり。(笑)

この時期にキャンパスカップル(通称C.C.)が多く出来ることも自然な流れ。

新入生同士だけではなく、面倒を見てくれる先輩と結ばれるカップルが

いちばん多かったかな。

4.韓国にも「五月病」がある?

新生活が始まって一ヶ月後によくみられると言われる「五月病」。

韓国は3月から新生活が始まるので、「四月病」に当たるのでしょうか。

実は、四月病という言葉はないです。

ただ、四月の特徴と言えるのは中間テストですね。

学校によって日程は少しずつ違いますが、だいたい4月中に行われます。

そのため、「桜の花言葉は、中間テスト」とよく言われます。

学生時代、中間テストの最中に分厚い教科書をいっぱい抱いて図書館への

坂道を歩いていたら、桜の花びらが舞っている幻想的な風景に思わず足が

止まってしまったことを覚えています。

でも、やはりテストが気になってゆっくり楽しむことはできなかったです。

また、勉強に疲れて「もうーダメ!!限界!!」と叫びながら弾みで

友達といきなり花見に行ったりしたことも、四月ならではの思い出です。

テストが終わって一息ついて出かけようとすると、桜はもう完全に散って

緑色になっている時期なのです。

別に桜ではなくても他に楽しめることは沢山あるはずですが、一週間も

待ってくれない桜にどこか切ない気持ちを覚えます。

私みたいに大学生時代に桜と中間テストにかかわった思い出を持っている人は

少なくないと思います。(笑)

韓国の大学生の新生活のまとめ

1.韓国で大学生の新生活が始まるのはいつ?

2.韓国の大学生たちはどうやって新生活を迎えるのか

3.新生活開始の雰囲気はどうか

4.韓国にも「五月病」があるのか

 

新生活を迎えて、どんな世界が広がるのか期待と心配が交わるのはどこも一緒。

今回は日本と韓国の新生活の差を中心に紹介しました。

元気に新生活を楽しみましょう!

ジウン

来日3年目の韓国人です。
いろいろありましたが、楽しいです!(笑)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す