LifeStyleライター

役立つ生活の知恵を発信しています。

女性は恋をして変化する 雰囲気が変わった?と感じる女性の事情

calendar

reload

女性は恋をして変化する  雰囲気が変わった?と感じる女性の事情

“女性は恋をすると綺麗になる”なんて言葉を聞いたことはありませんか?

確かに恋をすると、彼にも私を好きになってほしい!という思いから自分磨きをしますよね。

 

実際に私も、目標を決めてダイエットしたり、慣れないお菓子作りに挑戦してみたりと色々頑張りました。

 

本人では変化に気付きにくいですが、周りから見ると、「あれっ?最近あの人雰囲気変わった?」なんて思いますよね。

もし、急に雰囲気が変わった女性がいれば、全ての人がそうとは言い切れませんが、その人はきっと”恋”の真最中なのではないでしょうか。

 

今回は、そんな女性事情について考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

恋によるホルモンへの影響

“女性は恋をすると綺麗になる”とよく聞きますが、どうして恋をすることで綺麗になるのでしょうか。

 

実は恋愛することで主に4つのホルモンにも影響が出ているのです。

フェニルエチルアミン

ウエストの引き締め効果があります。

又、精神的にも影響が出やすく、前向きな気持ちになりやすいのだそうです。

 

私の場合は、ダイエットでウエストが62センチから59センチまで細くなりました。

上記ホルモンの影響もあったのだと思います。

ダイエットの成功もあり、以前よりもずっと気持ちが前向きになりました。

エストロゲン

女性らしい身体にする効果があります。

胸を大きくする効果や、美肌にも効果があります。

 

ドーパミン

別名”快楽ホルモン”と呼ばれています。

快楽や快感、心地良さなどの感情を強く感じるようになります。

又、交感神経の刺激を受けることから瞳孔が開き、目力の効果があります。

 

実際に私は、好きな彼の声を聞いたり、少し触れたりするだけで、ふわふわの布団にくるまれているような心地良さを感じていました。

しかし、気持ちが冷めた瞬間からそんな感情はなくなっていました。

今回このホルモンを調べる際に、私はやっぱりあの人に恋をしていたのかとしみじみ感じました。

オキシトシン

別名”母性ホルモン”と呼ばれています。

恋の影響で優しい性格になるのは、オキシトシンの効果です。

 

しかし、実際に私の友人は、「なんか彼に対してどうしても母性本能が働くんだよね!」といって、尽くし過ぎたせいか、重たいという理由で何度か別れを告げられていたので、要注意が必要かもしれませんね。

 

これらの4つのホルモンの効果や、女性の自分磨きの効果が重なることで、以前よりも恋をしている方が断然美しく見えるということですね。

 

変化のポイント

女性が恋をしてどこがどのように変化するのか、変化のポイントをいくつかご紹介します。

 

雰囲気が明るくなる

これは恋する女性にとっては分かりやすい変化ですね。

 

以前よりも行動的になる

恋が活力になって、行動的になるのかもしれないですね。

 

記事の最初の辺りに、ダイエットや慣れないお菓子作りに挑戦したと書きましたが、きっとこの変化のおかげだと思います。

結果についても、目標を一週間と決めていた為、正直少し苦労はしました。

しかし、ダイエット(主食野菜)で体重は右肩下がり、お菓子作り(主にクッキー)は右肩上がりといった感じで成長しました。

笑顔が増える

好きな人が出来ると毎日が幸せと感じることが多い為、笑顔が増えるのだとか。

 

実際に、付き合いたての友人から毎日のように、おのろけの笑顔で彼のおのろけ話を聞かされていました。

 

化粧の仕方が変わる

男性には分からない点かもしれませんが、女性が見ると分かりますよね。

好きな人には、少しでも”可愛い”や、”綺麗”だと思われたいものです。

しかし、元の顔は変えようがない為、化粧で少しでも変わりたという気持ちから、化粧に変化があるそうです。

服装が変わる

好きな人の好みに合わせたくなりますよね。

その為、徐々に服装も変わっていくのだそうです。

 

実際に私の友人も、彼が変わる度に服装の好みが変わっていました。

 

もし、自分が恋をしているのか分からない時は、上記のようなポイントを自分に当てはめて考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

恋は実は身体にまで影響する?

女性が恋愛をすることで、ホルモン以外にも、実は身体にも影響が出るのです。

そこで、身体にどのような影響が出るのかをいくつかご紹介します。

食欲が減る

ドーパミンの分泌が高まり、満腹中枢を刺激されることによって食欲が落ちます。

これは病気ではありませんが、いわゆる”恋の病”というものですね。

 

味覚が甘みを感じやすくなる

恋愛をすることによって、脳の一部が活性化されて味覚に変化起こります。

その為、普段口にしている物でも、甘みが強く感じられるのだそうです。

 

風邪を引きにくくなる

恋愛をすることによって、自律神経のバランスを整える効果がある為、風邪を引きにくくなるのだとか。

 

私の場合は逆のエピソードがあります。

風邪を引いてしまって、好きだった彼がお見舞いに来てくれたのですが、緊張で熱が上がってしまいました。

お恥ずかしい話ですが。

 

最後に

誰かに恋をすることは、叶うか叶わないかは別にして、誰にでも経験があることだと思います。

 

もしそこで好きな彼と両想いになれたとすれば、それは彼も綺麗も手に入れたということで”一石二鳥”ですよね。

例え両想いになれなくても、恋をしたことで、あなたは恋をする以前よりも綺麗になっているのです。

 

恋がうまくいかなかったからといって、恋をする以前のあなたに戻る必要はありません。

「せっかく彼の為に綺麗になってきたのに、頑張ったのに。」なんて思う必要はありません。

きっかけはその彼だったかもしれませんが、あなたは自分の幸せの為に綺麗になったのです。

あなたの美しさに気が付く男性はきっと他にいます。

失恋したからといって自信はなくさず、常にもっておいてください。

 

恋はしたもの勝ちです。

恋をしたいから綺麗になるのではなく、恋をするから綺麗になるのです。

もし誰かに恋をしたら、その瞬間からあなたはきっと綺麗になっています。

働く主婦

20歳で結婚。現在、主婦業のかたわらライティングの修行中。(20代前半の女性、主婦)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す