LifeStyleライター

役立つ生活の知恵を発信しています。

マイナンバーにはどういう意味があるの?マイナンバーをなくした時は?

calendar

reload

マイナンバーにはどういう意味があるの?マイナンバーをなくした時は?

今ではすっかりマイナンバー制度が定着していますよね。
生活していくにあたってマイナンバーは絶対になくてはならないものです。
仕事をするにも扶養に入るにも市役所に行けば必ず提示しなくてはいけないですよね。

私は以前、市役所でマイナンバーを忘れてどうにかならないのかとすごく怒っている方を見たことがありますが、市役所の方が困り果てていて、この制度って本当に大変だなと思いました。

そんな生活に必ず必要になるマイナンバーですが、これをなくしてしまった場合はどうすればいいのでしょう。
きっと免許証と同じかそれ以上に必要なマイナンバーカードですが、そんなものをなくしてしまったら相当焦りますよね。

そこで今回は、マイナンバーの意味と、もしもマイナンバーカードをなくしてしまった場合の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

マイナンバーの意味とは


生活していく上で必要不可欠なマイナンバーですが、マイナンバーにどのような意味があるのか知っていますか?
中には分からないけど、必要だから持ち歩いているという方も少なくないはずです。
ここではそんなマイナンバーの意味を簡単に説明したいと思います。

マイナンバーとは、日本国民一人一人の所得や年金、納税等の大切な情報を12桁の番号によって効率的に管理する制度の事です。

そんなマイナンバーですが、メリットがあればデメリットも存在するはずです。
そこで、マイナンバーのメリットとデメリットをいくつかご紹介します。

メリット

● 個人情報の共有がスムーズになる

12桁の個人番号のおかげで、より市役所等でも個人情報の管理がスムーズに出来るようになります。
又、市役所等でもマイナンバーの番号があることによって手続きの時間短縮に繋がります。

● ミスの軽減

以前は市役所やその他の場所で、様々な手続きをする際にどうしても人間のやることなのでミスがそれなりにあったそうです。
しかし、マイナンバー制度によって人的なミスが減り、間違いも素早く発見できるようになったそうです。

● コストの軽減

以前は行政内で、様々な部分にコストがかかっていましたが、マイナンバー制度を実施する事によって、様々な作業や行政内のコストが軽減されて、他の事にあてられるようになったそうです。

デメリット

● プライバシー侵害の危険

個人情報の正確な特定が吉と出る点もありますが、この場合は凶になります。
考えてみると、例え国でも、個人情報が簡単に確認出来るなんてとっても怖いですよね。

● 流出してしまうと危険

マイナンバーの個人情報が流出した場合は、例えば銀行口座など簡単に特定されてしまいます。
どこから流出したのかも分からないし、もしそうなれば気付くのに時間がかかりそうですよね。

● 詐欺に引っかかりやすくなる

今ではマイナンバー制度がしっかり定着しているように思えますが、マイナンバーが実際にはどのような物なのかをしっかり理解できている方は少ないのではないでしょうか。

特に若者や高齢の方は、よく理解しきれていない場合がありますよね。
まだ若者の場合は保護者のおかげか詐欺にあう確率は低いですが、高齢の方は言葉巧みに騙されて詐欺にあう確率が高いそうなんです。

マイナンバーカードをなくした時は?


大切なマイナンバーカードで、なくすなんて事があってはいけないのですが、人間ですのでどれだけ大切な物でもなくしてしまうこともあります。
もしそうなれば、尋常でなく焦ると思いませんか?
もしかしたら個人情報が流出してしまうかもしれないし、他人に悪用されてしまうかもしれないですよね。
考え出すととっても怖いですが、もしもなくしてしまった場合でも、再発行が可能ですので焦らず迅速に行動しましょう。
その為にもここでは、マイナンバーカードをなくした際にどうすればいいのかをご紹介します。

流れ

● 警察署に遺失物届を提出

● 警察署で受理番号を受け取る

● 市役所等の”通知カード担当課”へ

● 市役所等でマイナンバー通知カード発行手続き

必要な持参物

● 身分証明書

● 再発行手続き料500円

● 受理番号(警察署で受け取れます)

マイナンバーカードの再発行手続きは本人でなくても可能ですが、必要な持参物が増えたりどうしても手間がかかってしまうので、効率的に手続きを行う際には、マイナンバーカードの持ち主さん本人が手続きをしに行かれた方が良いと思います。

まとめ

 

今回はマイナンバーについて簡単に色々ご紹介しました。

正直言うと私自身もマイナンバーの詳細はよく分かりませんでした。
でも、今後生きていく為にはしっかりと知識として理解しないといけないなと思い色々調べました。

私と同じようになんとなくイメージは出来るけど、実際のマイナンバー制度の意味をちゃんと理解できてない方もいると思います。
今はマイナンバーがないと仕事も出来ないくらいとっても大切な物ですが、その分なくした時や流出した時の恐怖も知っておくべきです。

今回の記事で、少し怖い内容になってしまった部分もあるかもしれませんが、全てを知っておかないともっと怖いことになり兼ねませんので知っておいて損はないはずです。

働く主婦

20歳で結婚。現在、主婦業のかたわらライティングの修行中。(20代前半の女性、主婦)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す